障害者の自立と社会参加を支援する大阪市立早川福祉会館

早川福祉会館

事業のご案内

 当館は、故早川徳次氏の寄付金をもとに、昭和37年9月に開設しましたが、施設の老朽化などにより、平成5年度に建て替えを行い、従来の貸室事業や点字・録音図書室事業のさらなる充実を図るとともに、幅広く障害者の方々の福祉の向上を図る事業を行っています。
 なお、平成22年4月より、当法人が指定管理者として、貸室事業及び会館の維持管理を行っています。

【目的】
市内の障害者の自立及び社会参加を支援し、その福祉の増進を図ること。

【対象者】

市内在住・在勤の障害者及び障害者団体・サークル及びその他団体。
ただし、社会福祉等を目的として実施する活動であること。

【供用時間】

貸室事業 午前:午前9時30分〜12時、午後:午後1時〜5時、夜間:午後6時〜9時
※受付は午前9時15分〜午後5時30分です
点字図書室事業 午前9時30分〜午後5時
早川福祉会館

事業概要

貸室事業

会議・研究会などご利用いただけます

点字図書室事業

@点字・録音図書製作
A点字・録音図書貸出
B情報の点字・録音での提供
C対面読書
Dボランティア養成(点訳・音訳講習会)

ページトップへ戻る