大阪市立千里作業指導所

トップ就労支援 就労支援>

就労支援

利用者の就労への関心と意欲を高める為、就業生活に必要な基礎体力・知識・技能等の習得・育成を目的に、施設内作業を通じて限られた年限の中で、利用期間を効果的に過ごせるように各階の部署で多様な作業経験をしてもらい、就労意欲や作業経験の向上を目指します。

(実習の参加については各担当職員と相談してください)
施設内作業 部署単位での作業を経験していき、環境の変化にも対応できるように定期的な部署変更を行います。
体験実習 多種多様な企業での労働を経験することで、働くイメージを掴むとともに、就労への意欲を高めます。
就職者ガイダンス 大阪府、職業安定所が主催する、面接会、見出しなみ、履歴書の書き方など就労に必要な事項について「ガイダンス事業」に参加します。
合同面接会 職業安定所の主催する、各企業の人事担当者が直接面接を行い、アドバイスが受けられる合同面接会(模擬面接)に参加します。
企業実習 施設内訓練・体験実習等を行い、働く意欲と心構えが充実した時、就労担当者が関係機関と連携して、就労へと移行します。
施設外作業 長居障害者スポーツセンターの清掃、各企業で施設外での実習を行い経験の拡大を目指します。
委託訓練事業 関係機関と連携を図り、在宅で求職活動を行う知的障害者への短期の職業訓練の場を提供していきます。 
企業実習 合同面接会 就職者ガイダンス
企業実習 合同面接会 就職者ガイダンス