大阪市立千里作業指導所

トップ 所長からのひとこと>

所長からひとこと

 千里作業指導所の入り口にある桜も、遅まきながらようやく散り始め、先日からピンクの絨毯が敷かれたような坂道になりました。気候もとても過ごしやすい時期となり、4月より新しい2名の利用者の方々と2名の職員の参入により、「千里」の装いも大きく変わりました。新しい環境の変化にまだ慣れていない方もおられますが、ボチボチと馴染んでいただけたら・・・と思います。

 さて、今年度より当所の利用定員が就労移行24人から18人に、B型が26人から32人の定員に変更になりました。これは、就労継続B型の事業を希望する方の増加により、「就労継続B型事業を利用しながら就労に向けて意欲や職業適性を高め、就労移行に利用を変更し就労を目指す」ことを目標に定員変更しました。これに合わせて、各事業のプログラムも昨年度よりも更に大きく変更しています。保護者の皆様には疑問や戸惑いを感じられることもあるかと思います。すでに新たなプログラムは動き始めていますが、また、時期をみてご説明できる機会を設けたいと思いますのでどうかご理解賜りますようお願いいたします。