大阪市立千里作業指導所

トップ 所長からのひとこと>

所長からひとこと(平成29年度)

平成30年3月

たんぽぽ  寒かった冬もようやく終わりに近づき、今日から3月。このところ暖かい日が続いており、とても過ごしやすくなりました。また、色々なことがあった29年度もあと1か月となりました。利用者及び保護者の方々には大変お世話になりありがとうございました。 うぐいす

 さて、先日(2月25日)、ホテル阪急エキスポパークにて、千里作業指導所設立40周年記念式典を開催し、無事に終了することができました。ご出席いただきました利用者及び保護者の方々には休日にもかかわらずお越しいただきありがとうございました。 今回の式典で設立40年という節目と、41年目に向けて当所がやるべきことを再認識することができました。今後もこれまでと同様、当所の運営方針や活動内容についてご理解とご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成30年2月



 寒い日が続いており、先週金曜日には作業所周辺でも雪が積もりました。また、関東の方では大雪による交通機関の乱れや自動車事故等が発生しており、都市部における雪に対する弱さを改めて感じました。  さて、2月といえば、「節分」で豆まきをする家庭も多いと思います。豆をまき悪魔祓いをして一年間健康で過ごせるようにと願う昔から行われている風習ですが、現在では「悪魔」=「インフルエンザ」ではないかと思います。インフルエンザウィルスは豆まきで退治することはできません。

 予防のためには、帰宅後の手洗いとうがいを欠かさないことが必要です。全国的にインフルエンザが猛威をふるっているというニュースが流れています。寒さのピークは今月です。3月からは少しずつ暖かくなってくると思います。利用者の皆様には、日頃の健康管理に留意し、規則正しい生活を送り病気に負けない体をつくるよう心がけてください。

平成30年1月

火の用心  新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。利用者の皆さんは、輝かしい新年を迎え、「今年はこんな一年にしよう!」という思いを持って、平成30年のお正月を迎えられたことと思います。 寺  さて、千里作業指導所は、昭和52年に設立され昨年11月に40周年を迎えました。この間、900名を超える利用者の方々にご利用いただき、利用者個々の利用目的に合わせた支援をさせて頂きました。設立当時、「障がいのある方がはたらく」ということは、まだまだ社会の中で認知されていない中で関係機関や企業などの理解を得ながら、利用者の方々の希望を実現できるよう支援を行ってきたと先輩職員の方々より聞いております。当所としては、2月25日には就職された方々やお世話になった関係機関の方々をお招きし、設立40周年記念式典と就職者交流会を開催し、設立当時の原点に立ち返りこれからの支援をもう一度見つめなおす一日にしたいと考えております。

平成29年12月

 12月になりました。いよいよ、本格的な冬がやってきます。今年は「インフルエンザワクチンが不足気味」と報道されていますが、利用者の皆さんは予防接種はお済みでしょうか?まだの方は早めに病院等に問い合わせをするようにしてください。
かざり
 さて、平成29年も今月で終了になります。皆さんにとって、今年はどのような年だったでしょうか?「このようにしたい」と思ったことができた年だったでしょうか?私は「こうなったらいいなぁ」と思って頑張ってきましたが実現できないことが多かったように思います。今年できなかったことは、来年の新たな目標に据えて、平成30年1月から再び利用者の皆さんや職員さんと一緒に頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
かざり
 今月26日は「年末懇親会」を行います。この一年を振り返るとともに、新たな年が良い年となるよう、皆さんで楽しい一日にしていただけると幸いです。

平成29年11月

イチョウ
 11月になり、朝夕の冷え込みが「冬が来るぞ」と感じさせる時期になってきました。「柿が豊作の年は、その冬は寒くなる。」と言われています。我が家の庭や近所の柿の木には、昨年より多くの柿が実っているのを見ると、「寒い冬になるのかなぁ」と思います。寒い冬に向けて体調管理にはくれぐれも気をつけて頂きますようお願いします。 イチョウ
 さて、11月18日には大阪市長居障がい者スポーツセンターで毎年恒例のアート展が開催されます。休日の開催となるので利用者の皆さんは自由参加としていますがお時間がある方は是非お越しください。(詳しくは次のページをご覧ください) それと、今年の夏に実施しました保護者参観を12月初旬に実施する予定としています。参観実施日など詳細についてはまた後日お知らせいたします。保護者の方々でお時間がある方は是非お越しくださいますようお願いいたします。

平成29年10月

 10月になり、朝夕が大変過ごしやすい季節となりました。実りの秋、収穫の秋、と秋は食べ物がおいしい時期にもなります。子どものころ、小学校の運動会で家族と一緒に食べたお昼ごはんに、まだ少しすっぱいミカンと梨が入っており、競技で疲れた体に染み渡るほどおいしく食べたことを思い出します。

(今は小学校の運動会は、熱中症予防のため春に行う学校が多くなったようですね)
ハローイン
 さて、千里作業指導所では、秋の恒例行事として10月6日に秋のレクリェーションを予定しています。行先はすでにお知らせしている通り、関西国際空港への片道1時間程度のバス旅行になります。関西国際空港では、旅行で利用された方も多いかと思いますが、日頃見ることができない
「裏側(飛行機の安全や乗客へのサービス等で働く人たちの様子)」
を見学することになっています。
ハローイン
 また、晴れた場合には展望デッキから飛行機が離着陸する様子も見学する予定にしています。日頃、忙しい作業でストレスもたまっている方、この日の仕事や納期はどうなるの?と気になる方もいるかと思いますが、この日は色々なことを忘れて楽しい一日を過ごして頂けたらと思います。

平成29年9月

月見
 9月は暦の上では「秋」になりますが、朝夕の気温は低くなり過ごしやすくなるものの、日中は「まだまだ夏!」といった日が多く「厳しい残暑」が続く季節でもあります。エアコンの効きが悪い「砂作業場」で作業する方々には、真夏の時期よりは少し作業しやすくなるかと思いますが、もうしばらくは給水タイムを設けて作業を行っていくようにしたいと思います。
消火器
 さて、作業に関してですが・・・これまでは一人で作って完了する仕事が多かった中に、今年の春から「キッチンボードセット作業」を加えたことで、「流れ作業」の作業方法を取り入れて仕事を行う環境を作りました。これによって、全体の流れを見ながら自分の役割の作業を行う方法が出来上がりましたが、利用者の方全員に関わってもらうまでの量や場所を確保できませんでした。そこで、今回の新たに始める作業は、「洗濯機のホース取り付け部品」の組み立て梱包(袋詰め)作業で、複数の部品からなるAとBを事前に組み立てておき、最終的に二つの部品を合体することで商品が完成し袋詰めするという作業工程になります。多くの工程があることで多くの利用者に関わってもらうことができると期待しています。また、作業の様子は次号でお知らせできるかと思いますのでご期待ください。

平成29年8月

 ジメジメとした梅雨の季節も終わり、ジリジリとやけつくような暑い夏がやってきました。千里では、外に出るのもおっくうに感じるほど、毎日セミの声が響き渡っています。大阪市内に比べやや気温は低いものの、ここまで暑いと1度や2度低くても「暑いには変わりはない」と感じてしまいます。

 さて、今日から8月。来週からは帰省や旅行に出かけたりする方もおられると思います。夏の旅行や外出は気持ちも開放的になるため、ケガや事故につながりがちです。出かける予定のある方はくれぐれも事故等に合わないよう気をつけて楽しんできていただきたいと思います。

 一方、出かける予定の無い方については、自宅でのんびり過ごすという方もおられると思いますが、千里作業指導所は土曜と日曜以外は毎日オープンしています。何もせずにブラブラするよりも、暑い中ではありますが、作業活動とともに他の利用者の方々と楽しく過ごすのも良いと思います。お待ちしています。また、休み明けにはみなさんの元気な顔にお会いできるのを楽しみにしております。

平成29年7月

 梅雨とはいえ、例年に比べると雨の日が少ないようですね。ただ、曇り空あるいは雨が降るとやはり「梅雨」を感じさせるムシムシとした感じがあります。これから暑い日が続きます。作業中の室温と水分補給は怠らずに熱中症に気をつけて作業に取り組んでいただくようお願いします。

七夕  さて、7月20日に予定している「就職者激励会」は、昨年度までに就職された方に来所していただき、「どんな仕事をしているか」「給料はどのように使っているのか」「会社で働いていることについてどう思っているか?」など、色々な思いをお話ししていただきます。久しぶりに会う人も多いと思います。また、初めて会うわ!という方もおられると思いますが、働いている人たちを皆さんで応援する場となりますので、できるだけ参加頂き励ましの声をかけていただきますようよろしくお願いします。

平成29年6月

 明日から6月。ようやく暑さにも慣れてきたところで、これからはジメジメとした高い湿度との戦いが始まります。当所としては各作業室のエアコンの温度管理には十分に気を付けていきたいと思うので、皆さんはご自身の体調管理に十分に気をつけて頂きたいと思います。また、食堂には休憩時間以外にもお茶を飲めるように、常時ウォータージャグ(お茶タンク)を用意しています。お茶ばかりガブノミされるのは困りますが、仕事に集中するあまり休憩時間に全くお茶を飲まないのも困ります。これから本格的な夏になり、気温も40度近くになる日もあると思います。熱中症予防のため、休憩時はもちろんのこと作業中でも職員からの指示があれば、十分な水分補給をするよう心がけてください。

あじさい  さて、先日(5月22日)に保護者懇談会を実施しました。22名の保護者の方にご出席頂き、昨年度の実績や今年度の方針等について説明を行いました。保護者の方々より頂戴した色々なご意見について、今後の運営の参考にさせていただきたいと思います。また、秋又は冬に同じような懇談会を実施したいと思います。その際にはまた、よろしくお願いいたします。

平成29年5月

 寒さで震えるような気温から始まった4月も、今では半袖でも過ごせるほどの気候になってきました。いよいよ楽しみのゴールデンウィークが始まります。家族や友達などと色々なところへ出かける方もおられると思いますが、くれぐれもケガや事故などないように過ごしていただき、5月8日から元気に通所して頂きますようお願いします。

こいのぼりと柏餅  さて、5月19日には春のレクリェーションを予定しております。行先は神戸の王子動物園になります。利用者の皆さんと職員と共に、電車に乗って出かけます。普段からガイドヘルパーさんと一緒に出掛けている方も、あまり外出しない方も、千里作業指導所として電車で遠くまででかける行事は久しぶりなので、楽しみにしている方も多いと思います。くれぐれも事故の無いよう、また、はぐれたりしないよう全員が元気に帰ってこられますようお願いします。

 また、5月22日には保護者懇談会があります。昨年度に実施していた保護者参観日とは違う形で、保護者の皆様方を対象に一斉に昨年度の実績や今年度の方針等について説明を行いますのでご都合の合う方は是非ご出席下さいますようお願いいたします。

平成29年4月

 3月も終わりを迎え、「各地で桜の花が咲き始めた」とのニュースが聞こえてくるようになりました。気温も高くなってきており、一か月前とはずいぶん過ごしやすくなってきました。とはいえ、まだまだ寒い日もあると思います。体調管理には十分にご留意頂きたいと思います。

 さて、平成29年3月末をもって平成27年4月から当所にて勤務いただいた赤尾支援係長が定年退職を迎えられ、平成29年4月から再任用として当協会の大阪市立此花作業指導所に勤務することになりました。赤尾係長は、昭和60年6月、大阪市立千里作業指導所に入職以来、数度にわたる転勤を経て31年間の勤務に一旦終止符を打ち、新たな職場で再スタートされることになりました。大阪市立千里作業指導所を卒業された方には赤尾係長とともに過ごされた方も多く、親身になって話を聞いておられるお姿に「支援者としての良き手本」として受け止める場面が多くありました。わずか2年という期間でしたが大変お世話になりました。「此花」にてご活躍されることを祈念しております。ありがとうございました。