大阪市立千里作業指導所


トップ> >

災害時・緊急時の対応について(Ver.H25.4.1.)

  1. 午前7時現在のニュース情報を基本とします。
  2. 警報・地震・その他の災害・交通機関の停止の取扱は下記の通りです。
  3. 連絡先
  4. 千里作業指導所(直通) 06−6831−2862
    千里作業指導所(FAX) 06−6831−2782
    携帯電話1 080−6152−8162
    携帯電話2 080−6152−8120
    種  類 対  応 連絡の有無
    暴 風 警 報 施設は休業とします。 不要です。
    大雨警報、洪水警報 地域により状況が異なります。ご家庭の判断にお任せします。 連絡を下さい。
    交通機関の停止など 通所に係る交通機関が停止の場合、休業とします。 連絡を下さい。
    登所後の警報発令など 安全確認後、帰宅していただきます。 連絡をします。
    地震など
    • お住まいの地域の学校が臨時休校となった場合、または公共交通機関が運休した場合など、 ご自宅周辺地域の状況が危険である場合には休んでください。
    • 休まれる方は必ず、当所にご連絡ください。
    • 利用時間内については、安全確保・情報収集の後、
      @事業所内で待機し、必要に応じて
      A一時避難所(古江台中学校)へ避難します。
    • 施設を離れる場合は、行き先を門と玄関に掲示・災害用伝言ダイヤルに録音します。
    • 安否の確認について(※災害用伝言ダイヤルの使用法)
    • 情報を聞きたい場合(家族等がメッセージを聞きたい場合)
    • 「171」をダイヤル
    • 音声案内に従って「2」をダイヤル
    • 施設の電話番号「06−6831−2862」をダイヤル
    • 伝言内容を聞く
    ※当所に甚大な被害が出た場合には、安全に利用して頂くことが可能になる期間までの間、臨時休所とします。
    • 情報を登録する場合(施設関係者が家族等へメッセージを残す場合)
    • 「171」をダイヤル
    • 音声案内に従って「1」をダイヤル
    • 施設の電話番号「06−6831−2862」をダイヤル
    • 伝言内容を録音
    災害対応カードを記入の上、常に携帯してください。災害時はその内容を参考に対応します。携帯用以外にもご家庭用のカード(白)も配布しておりますので、同じ内容を記入の上、見やすいところに保管してくださいますようお願いします。