大阪市更生療育センター
トッププライバシーポリシー>アクセシビリティ・ポリシー

アクセシビリティ・ポリシー

 大阪市更生療育センターは、年齢や障がいの方へのバリアフリーに配慮するなど様々な利用環境のユーザーの皆様に対して同じように情報が伝わるよう、アクセシブル(障がい等の有無や利用環境に関係なく誰もが利用しやすいこと)なサイトづくりに努めていきます。

当サイトでは、一人でも多くの方にご覧いただけるような「アクセシブルなウェブサイト」を目指して、JIS X8341−3(「高齢者・障がい者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ」)、W3C、その他の指針を尊重した制作・運営を行っています。

さまざまなご利用特性への配慮

・タイトルバーに、ページの内容を的確に示すタイトルを付けています。

・ページの表示スタイルは、文書の構造と分離して、文字の大きさや、色、行間や文字間隔、背景色などを スタイルシートにて記述しています。

・背景色と前景色、背景色と文字色のコントラストは十分確保しています。

・どんなデスプレイでも見れるように、画面のサイズは800×600を想定し、閲覧しやすいようにしています。

・アクセシビリティポリシーを掲載しています。

サイト内の案内

利用者を迷わせない配慮として、現在位置や状況を理解・認識できるナビゲーションを提供しています。

文字について

文字のサイズは、必要に応じて利用者が変更できるようにしています。 

画像について

 画像には、利用者が画像の内容を理解できるようにテキストなどの代替情報(alt)を付けています。

表(テーブル)について

音声ブラウザでは、表を左上から右下に1セルずつ読み上げますので、音声読み上げ順序が崩れないように 配慮することが必要です。ですから、レイアウトのために表(テーブル)を極力、使用しないようにします。 もし、使用する場合は、読み上げ順序を考慮しています。

改訂