大阪市更生療育センター
トップ大人の相談>訓練について
訓練について

PT訓練の様子 PT訓練の様子

(PT)理学療法

  可能な限り現在の機能を改善もしくは維持し、関節拘縮・変形・痛みなど二次障がいを防ぐことが主目的です。 そのために運動療法・物理療法・補装具の工夫などを行っています。また自分の障がいについて理解し、自主訓 練として、取り組めるように支援します。

応用動作や他のスタッフと協力して日常生活活動(食事・入浴・更衣など)の指導も行っています。
さらに、 必要に応じて屋外歩行や交通機関の利用なども実施しています。

また、外出が拡大すれば職場復帰・単独帰宅の評価・練習、スポーツ施設での教室・大会にも参加すること を支援しています。 さらに、HUR(フー)トレーニングマシーンとスリングという2つの訓練機器を新しく取り入れ、 「アクティブアプローチ」(エクササイズ)を実施しています。身体面だけではなく心理面での積極性を高めていく 目的があります。


(OT)作業療法

OT訓練の様子

 利用者の残存機能を有効に活用すること、 例えば動作の変更、自助具の利用、環境の調整などの方法により、 日常生活活動(食事、更衣、整容、トイレ、入浴、家事、趣味など)ができるように支援していきます。

また、様々な作業活動を通じて、機能の維持、向上、活動性の向上及び体力の増強を図ります。他者との交流を持つ、様々な グループ活動を行っています。


(ST)言語聴覚療法

ST訓練の様子 言語障がいを持つ方々に対して、言語能力の向上のための支援を行っています。
同時に、自分で自分の障がいを的確にとらえ、 現状の能力でできるコミュニケーションの自立を目標とした支援も行っています。

また、自分でできる練習や、ご家族に言語障がいの方々に対してどう接すればよいかなどのアドバイスも行っています。

作業療法士と連携し、記憶障がいのある方への代償手段の獲得(メモの活用)、注意障がいのある方への注意喚起を促す活動などを支援するとともに、日常生活を円滑に行うための環境調整なども行います。また、ご自身の障がいについての理解を深めるための勉強会や就労に向けたプログラムをグループ単位で行います。必要に応じ、ご家族へのアドバイスも行います。


その他の訓練プログラム

  • 社会生活力プログラム
  • グループ活動
    • 外出支援
    • 講座−健康に関すること、障がいの理解に関すること、社会資源を知る…など
    • スポーツ活動
    • 周辺地域でのボランティア活動
  • 各種教室
    • パソコン、詩吟、書道、ちぎり絵、いきいき歌体操、茶道など講師を招いたり、地域ボランティアの方の協力を得て実施しています。